【3Dシューティングゲーム個人制作奮闘記】【Blender】その9 モブキャラモデリングとマテリアル作成!

制作熱が上がってきた!特にモデリング

どうもこんにちは、Ozzzと申します。
普段フリーBGM作曲をしてニコニコモンズなどで配布しているものです。
独学ですべて一人で3Dシューティングゲームの完成を目指しているブログです。

前回、敵キャラとして作成していたオウムのモデルのアニメーションを作成していました!
今回はなんと、モブキャラ2体、メインキャラマテリアル作成まで1日でやっちゃいました!
SubstancePainterを買って放置していたので、改めて勉強して使ってみるといい感じになった気がします!

モブキャラ2体のモデリング

モブキャラ1体目 白紙博士

mobu_hakushi

モブキャラ2体のモデリング

モブキャラ2体目 オトランペット

mobu_trampet

メインキャラのマテリアル作成

こちらがマテリアル適応前↓

material_mae

こちらがマテリアル適応後↓
material

なんか様になった気がします。
やっぱりBlenderの標準のマテリアルでテクスチャ作るより、SPで作ったほうがきれいに見えますね。
やってることは何も変わらないですけど。

ただ、心配なのはunityで動かせるかどうか。。。SubstancePainterでそのまま持っていこうとすると重くて落ちるし、
Unityの目安が2~5万ポリゴンでこれは6万ポリゴン…

でもやることはやった!
次回は主人公モデル用の杖作成とリギングかなぁ
ちなみに裏で2Dイラストの制作も並行してやってますw結構楽しい

進捗 世界観作成→主人公モデル作成→敵モデル作成→敵モデルUV展開→敵モデルボーン、ウェイトペイント→敵モデルアニメーション作成→主人公モデルマテリアル作成、敵モブ作成2体(いまここ)

コメント