【3Dシューティングゲーム個人制作奮闘記】その1 モチベーションの維持【Blender】

細かいアウトプットの重要性

どうもこんにちは、Ozzzと申します。
普段フリーBGM作曲をしてニコニコモンズなどで配布しているものです。

以下、記事を書き始めた動機について。
実は個人でこっそりゲーム制作もしておりまして、Unityで3Dのシューティングゲームを開発しております!
本格的に始めたのは1年前くらいで勉強期間はその前に5年くらいしておりました。

しかしながら、まったく完成に至らず、ようやくゲームの構想を形にしつつ、キャラクター制作とレベル制作を始めたところでした。
難航している原因としては、やはりモチベ―ションの低下でした。

「こんなに頑張ってるのになぁ。。。」「ひとりで休日に時間見つけて作ってるのに全然ゴールが見えない。。」
「連休で絶対頑張る→8時間ゲームしてしまう」

なんてことがよくありました。もしかすると、この記事を見られている方も同じなのではないでしょうか。
個人ゲーム制作 完成しない みたいな検索ワードで共感できる記事を探したりなど。。

なぜ?こんなにモチベーションが低下するの?
と考えたところ、1つはゲーム制作がゲームで遊ぶことより楽しくないことが浮かび上がりました。

CGやプログラムなど、作り始めると止まらない。でも作り始めるまでの腰が重い
作ったあとも、誰にも褒められず次にやらないといけないことを考えるだけ。

そんなの辛いに決まってます!

そこで!!
「SNSにアウトプットとして自作曲を上げてるときは作曲のモチベーション高かったな~」
というのを思い出して

【個人制作ゲーム開発奮闘記】としてブログを書けば、アウトプットとしてゲーム制作のモチベーション上がるんじゃないか!?
ということでこの記事を書き始めました!

長くなりましたが、以後動きがあれば適宜記事を書いていきますので、同じ思いをしているゲーム開発者の方々
私も同じ気持ちです!一緒にがんばって完成させましょう!

【1日目】キャラクターの髪の毛完成

1日目と書きましたが、実はモデル制作はすでに3日間しておりました。
ようやく形になったので投稿します。

main

 

はい。服はまだですw
身体はすでにモデリング済みです。

ざっくりと振り返りと反省点について
振り返ってみると実はこのキャラが人生で2体目の人物モデリングでした。
1回目はアイマスの星井美希を作ってみよう!と思って作ってみたものの挫折。。。以下画像
miki

うーん、なんかなぁといった感じでした。
マテリアルの質感は置いとくとしても、髪の毛が不自然で重力に逆らっていたり、本数が理想より多かったりなど
問題点がありました。

side

サイドから見てみると、今回は本数も少なく、重力を意識した作りにしましたが、ペラペラ感がすごい。。
2つ結びなのでアクセサリは後日制作するものの、ローポリで髪の毛を作る難しさを実感します。

いろいろ動画を見て参考にしましたが、うまくいかないですね。
引き続き、服とアクセサリの制作頑張ります!

コメント